FC2ブログ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category未分類

最後まで私には貴方しかいない。

trackback0  comment0


めらとーかおりー2人はーなかよし!(#このフレーズがわかったら25↑)

今月のゼロサムに…ミカベルに殺された…(L、ン、)_
ミカベルのツイートによってTL上に米良香織ストの屍が積み上がっていくあの地獄絵図…。
私はその時宝塚歌劇を見に行った帰りで、友人の買い物待ちをしておりました。
宝塚の煌びやかさと男役のカッコよさに乙女モード全開だったのに、ミカベルのツイートを見た瞬間一気に腐女子スイッチON!服屋で相当キョドった!
あのアオリは担当さんが考えているとはいえミカベル公認なわけで…2つで1つ…うん…知ってたけど…知ってたけどさぁ…。
公式が最大手ってどういうことなの…(むせび泣き)
扉絵自体も淡い色使いで夜空と桜の対比が本当綺麗で…私はアニメ塗りより水彩風の塗りの方が好きなので、最近ミカベルのカラーは水彩を使って塗られてるのが多くて私得です。
同人誌の表紙とかだとアニメ塗りの方が見栄えはするんですけどね…THE同人誌って感じでいいんですけどね…。
この体格差がまた…体格差厨大歓喜のやつ…。
11㎝差ってちょうど米良の鼻の頭くらいに香織ちゃんの頭頂部くらいなので、ホントこれくらいなんだろうなって感じで…(何この頭の悪い文章)。
米良はしっかりした骨格の大人の身体ってのに対して香織ちゃんまだほんのり少年ぽさを残した身体つきなのがあぁぁあ8歳差あぁぁあ……。
そして米良のトレンチ…!!!
高身長のトレンチとかカッコ良すぎかよ(´;ω;`)ズルいわ
そんでまた米良はコートにマフラーという装備なのに香織ちゃんはいつも通りってのがね…多分まだ春の夜は冷えるから香織ちゃんが言いつけてるんだろうなと妄想。
香織ちゃんはイメージ的に体温高そうなのと暑がりだから大丈夫。
この香織ちゃんの髪の毛はどう見てもモジャモジャでもごわごわでもない。
今まで形容された香織ちゃんの髪の毛の中では恒ちゃんの「モコモコ」が1番近い。
でも更に言うならふわもこ…これはふわもこですわ。
触ったらもふって手が沈むんだわ…可愛い…可愛いよう…(´;ω;`)
香織ちゃんのポーズは「さぁおいで」風にも「我、降臨す」風にも見えるけど、仕事終わりに夜桜を見に来てその見事さに香織ちゃんのテンションが上がって舞い散る桜吹雪の中、風を受けながら花びらと戯れ踊ってるようにも見えて可愛い。
何にせよ香織ちゃんは可愛い。
そして白い人は出来すぎている。
夜桜と米良とか似合うに決まってますやん…儚すぎ美しすぎますやん…。
現在私のスマホの壁紙になってます本当に有難うございました。

途中まで描いてたネームはちょっと中断しまして、ここに来て別の話のネームを切り始めましたとことんドMです。
明日から4月…?マヂぃみゎかんなぃ…。
私のやる気スイッチは残り何日になったら入るんだろう…(他人事)

以下拍手お返事です!有難うございます!

...Open more

スポンサーサイト
category未分類

玩具に愛を捧げて。

trackback0  comment0


喰種のOPのカネキくんのようなイメージの米良さん。
今日V系バンド(一応)のライブに行ってきたのでパンダメイク。
米良の中二病ホイホイな外見はV系の退廃的な美しさに通ずるものがある…。

先日の春コミではなつきさんのスペースにアンソロを委託させて頂いたのですが、何冊かお嫁に行ったとのことで有難うございます!
あと何か私を訪ねて?お越し下さった方がいらっしゃったとか何とかで…本人は不参加でした申し訳ありません!
ここをご覧になってるかどうかわかりませんが、スパコミには直参致しますのでご都合が合えばその時に是非とも一言お礼を…!
着々と全国の米良香織ストさんにアンソロが行き渡っていっておりますね…。
あ、スパコミのスペNoもわかりました~(・∀・)
西2のk43aでした。
今回はなんとストプラ(というか米良香織)サークルさんが5個もあるよ!安定のいつメン!
ツイでのスペ報告で周りのスペースが1つ1つお知り合いの方で埋まっていく中、もしかしたらまだ見ぬご新規さんが私の隣に来るかもしれないとほのかな期待を抱いておりましたが、現ストプラサークルの中で最古参のお方でした。心強い!(^v^)
オールキャラアンソロの発行もありますし、もはや軽くプチオンリーです\(^0^)/
個人誌…早く…着手しなきゃ…。

ツイでどういうわけか私とイズミさんの絵描き2人による米良香織官能リレー小説が展開されて、無事完結したのでここに永久保存致します。
イズミさんに始まり、ブロックごとに私と交互です。
ハッスルしすぎて米良は腰をいわしたらいいのにという、また白い人の呪いを受けそうな私の発言を受けて。
読みやすいようにちょっと編集。

「その時は「香織が動いて♡」と要求するに違いない…米良が強制禁欲だと香織さんの方がソワソワしそうですね!
自分から誘うのは躊躇っちゃう初心な香織さん…
これ幸いと普段してもらえない事を要求する米良さんまで見えました!理性とばしてるので何でもしてくれるよ!

慣らすところまでは米良がしてくれて、その後体を反転させて「香織、自分で挿れてみて?よく慣らしたから入るはずだよ?」とかいい笑顔で言うんですね…。
最初はぎこちなく体を前後させていた香織ちゃんも次第に自分のいいところに当たるように工夫し始めて

快感に身を震わせる香織。
「気持ちいい?」
甘ったるい米良の声にさえ肌が粟立つ。
それでも理性を手放せず米良に縋ってしまう。
軽い笑い声と共に軽く下から突き上げられればそれだけで香織の眼前はチカチカと白く弾けた。
もっと、もっと欲しい。
舌っ足らずにそう伝えれば米良

は焦らすようにゆっくりと波打つようなグラインドを繰り返す。
もどかしい快楽に香織の身体はますます熱を帯び、決定的な刺激を求めて自らも米良の動きに合わせて抽送を始める。
肌と肌が激しくぶつかり合い、濡れた水音がいやらしく響く。
聴覚までも犯されているよう

な感覚に香織はかぶりを振った。
「…も、いゃ…っ、…っ!」
「なにがイヤだって言うの…」
米良が香織の前へと手を這わした。
濡れそぼつそこは今にも破裂しそうなほど膨らんで震えている。
決定的な快感に香織は動きを止めた。
触るな、やめろ、可愛げの無い言葉を愛しげな顔で

軽くいなしながら、その微笑みとは対照的な半ば乱暴ともいえる手つきで蜜を溢れさせる香織自身を握った。
「うぁ…っ!」
突然訪れた強すぎる快楽に抗うことも出来ず、香織は溜め込んだ熱を勢いよく米良の胸に放った。
痙攣しながら余韻に浸る香織に目を細め、次は自分

の番だと、米良は香織を押し倒す。
何が起こったのか分からず恍惚とした表情のまま浅く息をつく香織に、米良はごめんねと囁いた。
「俺も、もう余裕無い…っ」
「あ、ァああっ!」
内壁を深く抉られ香織の首が仰け反る。
息もできない程の快感に酸素を求めて赤い舌が突き出された

ところをすかさず咥え、呼吸する間など与えないと言わんばかりに米良の舌が口内を蹂躙する。
酸欠と悦楽で蕩けきった意識の中、無意識に香織の腕が米良の背中へと回され、もっと深く深く繋がりたいとでも言うように力強く引き寄せる。
香織の行動に煽られ、米良はより

一層深く腰を押し進めた。
肉と肉がぶつかる音が部屋に響き、溢れた粘液が二人の肌を伝っては落ちる。
香織はもう何も考えられずただ米良に縋っている。
虚ろな瞳はもう米良を映しているかどうか分からない。
不規則に喘ぐ香織を見下ろし米良は渇いた唇を己の舌で潤した。
誰にも

見せたくない、触れさせたくない、奪われたくない。
己を救い、導き、世界を変えてくれたたった1つの大切なもの。
香織への愛しさが込み上げ、せり上がる放出欲に己の限界が近いことを感じる。
このままずっと繋がっていたい気持ちと絶頂時に訪れる愉悦を得たい気持ち

、相反する感情をぶつけるように穿った。
高い嬌声が室内に響く。
二度目の吐精に収縮する香織の内壁を堪能するように小刻みに腰を動かせば、奪い取るような快感が自らを責め立てた。
熱を吐き出し、涙を零す香織に唇を寄せれば掠れた声で名前を囁かれる。
米良は微笑み再び口付けた。」

ここで本職の文字書きガチャさんによるボーナストラック。
イズミさんとは別エンドを頂戴致しました!
私の「愉悦を得たい気持ち」の続きです。

「の中、汗の伝う頬に香織が触れた。
「らぁ…」
ねだる響きに唇を重ねる。
「待って、いま」
あげるから。
囁けば香織は甘くとろけた笑みを浮かべ。
「っ……!」
その表情と、細かい襞のひとつひとつに愛撫される感覚に、香織の望み通りに全て注ぎ込んだ。」

どっちのルートも美味しいですご馳走様でしたモグモグ
しかしやはり文字は絵よりも相当精神力がいるなと…文字書きさんはすごいなぁぼくにはとてもできない。
でも絵も文字も堪能な天に二物を与えられたイズミさんのような方もいらっしゃるから己の才能のなさに私はただただ壁を殴るマンと化す。

ブログの更新が滞りがちなせいで拍手お返事も毎度毎度間が空いてしまって申し訳ないです(;∀:)
いつも有難うございます…!
以下拍手お返事です!

...Open more

category未分類

拍手お返事。

trackback0  comment0
昨日お返事しても一緒だったんじゃないの…?っていう時間になりました。
コタツとスマホは人を堕落へと導く…。
原稿?
聞いたことあるようなないような…くっ頭痛が!!

というわけで追記にお返事です!

...Open more

category未分類

探し物はなんですか?

trackback0  comment0


イッテQの「出川はじめてのおつかいinNY」ネタ。
香織ちゃんはおそらくビジネス英会話を習得してるだろうけど米良は英語出来るのだろうかという疑問から、出川イングリッシュの米良も可愛いんじゃなかろうかという結論に至りました。
わかってるような顔してふんふん頷くけど、いちいち隣にいる香織ちゃんの顔を見て通訳を促す米良。
欧米美女に逆ナンされても「ヘーイハローアーハンアーハン」とヘラヘラ適当に受け答えてそのうち飽きられる米良(ガチャさん談)。
イッテQをご覧になってない方のためにご説明しますと、↑の謎単語は出川イングリッシュで言うところの「国際連合」です。
多分米良もこの残念な英語力なのに自信満々でNYの街を闊歩することでしょう。
後ろで香織ちゃんがハラハラしながら見守っている。
でも何とかなるところが米良の腹立つところですわ。
たまにはアワアワになればいい。

ついでにもひとつネタ消化しとこう。
香織ちゃんに年頃の遊びをさせてあげようとゲーセンに連れてく米良。
「色んなゲームがあるんだなー」とうろうろして、目に止まったガンシューティングを真っ先にプレイする香織ちゃんに半目の米良。
「…香織は絶対ワーカホリックこじらせてると思うよ」
その後米良のすすめでレーシングゲームを一緒にプレイ。
「俺の前を走ることは誰であろうと許さん!!」
「…香織さん…?」
「オラァー!全員道を開けろぉー!」
「(しまった、香織ハンドル握ると人格変わるタイプだった)」
香織ちゃんゲーセン向いてないかもしれないと感じつつも、次は何をさせてあげようかとうろうろしてるときにパンチングマシーンの前を通り過ぎて、香織ちゃんが興味を持つ。
「米良、これは何だ?」
「あぁ、それはパンチ力を測定するマシンだよ。そのパット殴るの」
「へぇ…日頃の鍛錬の成果を発揮するにはうってつけのマシンだな」
そう言いながら上着を脱いでやる気満々の香織ちゃん。
もはや何も言わず上着を受け取る米良。
綺麗なフォームで打撃を打ち込んで、そこそこの結果が出て満足気な香織ちゃん。
「米良、お前もやってみろ」
「えー?香織にはかなわないよー?」
しぶしぶ自分も上着を脱いで香織ちゃんに預ける米良。
リーチの長さを生かしたフォームでまさかの香織ちゃんよりいい結果を出す米良。
「…」
「あっいやっこれね、高得点を出すコツみたいなのがあってねっ、必ずしも力の強さとイコールなわけじゃないからね!」
「…別に、気にしてない」
と言う割にはやや乱暴に上着を突き返す香織ちゃんに多少焦って、クレーンゲームコーナーに促す米良。
「香織何か欲しいものある?そんなに得意ってわけじゃないけど、取ってあげるよ」
「…こんな、ぬいぐるみとか貰っても…持って帰るのも恥ずかしいし…」
パンチングマシーンの一件をまだ引きずっているものの、ちらちらと視線を景品に注ぐ香織ちゃん。
「あ、この猫のぬいぐるみ香織に似てるー。これ取ってあげるね」
「だからぬいぐるみなんて…」
米良のことだから多分5回くらいで取れる。
「はい、香織どーぞ」
「…ありがとう」
一応ちゃんとお礼は言う礼儀正しい香織ちゃん。
猫を渡されて何か言いたげ。
「…米良、その…」
「ん?」
「コイツ、1匹だと寂しいだろうから…その…そっちの、パンダも…出来れば…」
ごにょごにょと恥ずかしそうにお願いする香織ちゃんの可愛さに悶絶する米良。
この香織ちゃんの姿を見れただけでゲーセンに連れてきたかいがあったと涙を流しながらパンダも無事ゲットするのでした。
そして最後はプリクラコーナーに。
女子ばかりなのでそわそわと落ち着かなさそうな香織ちゃんを無理やりプリクラ機に押し込んで、手慣れた様子で操作していく米良。
「目が気持ち悪いことになっちゃうんだよねー。えーと、香織黒いから背景はパステル系のがいいかな」
「…何でお前そんなに詳しいんだ…」
「撮影のペース速いから、ちゃんと準備してね香織」
「えっ、ちょ、待て…!」
「はい笑ってーいくよーダブルピース!」
終始米良のペースに巻き込まれるも、キスプリだけは何とか阻止し、ぐったりした様子で落書きコーナーへ移動。
「香織も何か書く?」
「…好きにしてくれ」
案の定「ラブラブ❤」とか何かうすら寒いメッセージスタンプとか押して、香織ちゃんを戦慄させる。
後日、巧美たちに自慢しようとする米良とそれを阻止する香織ちゃんの攻防戦が繰り広げられるのであった。
携帯の裏にはもちろん貼ってる。

思いのほか長くなって時間かかってしまったので、拍手お返事は明日必ずさせて頂きますね…!(;∀:)
category未分類

ゆっくりと離ればなれになるの。

trackback0  comment0
rgk87.jpg


rgk88.jpg

香織ちゃんの1番は社長で、米良を1番に想うことが出来ないというのが香織ちゃんの負い目。
香織ちゃんの未来の選択肢を奪っておきながら、おそらく最後まで共に生きることはできないというのが米良の負い目。
それでも今傍に居てくれるということがとても幸せで、感謝してる。
米良も香織ちゃんも、自分が相手に申し訳ないと思いこそすれ、相手にはただただ感謝しかないのに、それが上手く伝わっていない感じ。
香織ちゃんには「今米良は香織ちゃんのおかげでとても幸せなんだから、申し訳なく思ったりしないでいいんだよ」と言いたいし、米良にも同じように教えてあげたい。
うううじれったいよう(;∀:)
でもその切なさが米良香織の尊さの1つでもあり…。
はぁ…どうしたもんか…泣けてくるわ…両想いなのにどこかすれ違っている…(´;ω;`)

今なつきさん主催のアンソロに急遽参加することになったので、絶賛修羅場中です。
個人誌もあるのでね…!
でもマグカップ作りたいから頑張る…貰って困るノベルティの上位に食い込むであろうマグカップ…。
あぁぁぁ米良香織下さい米良香織ぃいぃいぃぃい!!!!!
category未分類

拍手お返事。

trackback0  comment0
度重なる怠慢により載せられる落書きが描けなかったので、とりあえず散々お待たせしてしまった拍手お返事だけさせて頂きます(;∀:)
ブログに書くネタだけはいくつかストックが出来たんだけども…今確認したら前回が2週間前とかでビビった…マジかよ…何してたんだろこの2週間…。
多分今更ぷよぷよをやり返してしまったのが原因だなこれ…。
あと現在アナログで絵を描こうキャンペーン中なので、そうなるとデジタルの絵がね…描く時間がね…結局ぷよぷよに時間を消費してるせいだな…。

あ、18禁アンソロ、書店委託分完売致しました!
手持ちの在庫もそこそこ少なくなってきて、こんなに反響があるとは思わなかったので(絶対もっと在庫残ると思ってた)嬉しい限りです…米良香織エロ求められてる…(;∀:)
春コミでも委託して頂けることになりましたので、詳細は告知サイトをご覧下さいませ~。

というわけで以下拍手お返事です!

...Open more

New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。