categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category未分類

想うよ、一晩中。

trackback0  comment0


何度でも綺麗な夢だけ あなたに見せてあげる
何度でも優しい夢だけ あなたは見てていいよ

クリスタで色塗りの練習…エアブラシ的な塗りが乗算されていく機能はないのか…?(((^p^Ξ^p^)))
セルシスのプロに学ぶカラーイラストメイキング!みたいなやつ見ても「全体に色を置きます」「影をつけていきます」「ハイライトを入れます」とかで、その陰のつけ方とか塗り方を知りたいんですけど!?と突っ込まずにはいられない。
もうちょっとkwsk…!

昨日は第3回護衛絵チャでした!
毎度お馴染みの方も、初めましての方もご参加ありがとうございました!
なんと今回11人も集まって頂きまして…2桁ですよ2桁…信じられるか…?この人たちみんな米良香織が好きなんだぜ…?
とても賑やかで華やかな絵チャになりました(´∀`)画面が寂しくない…!
自分が強いて描かなくても画面が埋まるってイイネ!
最初液タブさんの調子が悪くてグギギしてたんですが、しろたさんという名の女神に教えて頂いて真の姿を現した液タブさんは力を発揮してくれました。
描きやす~い!でもクオリティは変わらな~い!
しかし体力を温存するためお昼寝したにも関わらず3時ごろから意識が朦朧として参りまして…やはり絵チャのお供にカルピスサワーはやめておくべきだった…(酒を飲むと眠くなる人)
今回主催としての役割を全く果たしてなかった気がします!/(^0^)\
でもとても楽しいひと時でした。
とりあえずまとめると米良は歩く18禁で悪い大人で香織ちゃんは無垢な19歳で生モザイクは萌えるという話でした。
生モザ萌えは深夜が生み出した狂気としか…。
近いうちにまたログを支部に載せます(・∀・)
ただタカミンに嫌われて出たり入ったりしてる間に撮り損ねたキャプがあるので、どなたか下さい(´;∀;`)
あと会話ログ…!

そういえばアニプラ終わってしまいましたね…素晴らしい2期でした…いや、そもそも1期なんてなかったんだ…。
まさかの最終回がすと☆ぷらww
OPがクライマックスだった気がする。
ヤバい…米良美香織のガチ百合ヤバい…ダブルピース可愛い…香織ちゃんの困り笑顔可愛い…桜の園…。
しかし米良美ちゃんも香織ちゃんも原作の2人とは全くの別キャラっぽいですね。
全員が1人ずつ描かれてた時のポーズとか、香織ちゃんお茶目すぎる…!
まぁ髪型からしてかなりやんちゃ可愛い系っぽいですもんね…米良美ちゃんもクールでミステリアスなお姉さんキャラっぽい。
原作米良みたいにふにゃっと笑ったりしなさそうだ…しかしダイナマイトバデー…。
すと☆ぷらはギャルゲだったんで、乙女ゲーネタとかも描いてほしいなぁ。
すとのプランスさまっマジLOVE2000000%とか金色のストプラとか…。
もしストプラの乙女ゲーが作られたら、米良ルートはかなりハードモードだと思う。
香織ちゃんの話しかしなさそうだ…「香織見なかった?」とか「ごめん、香織が待ってるから」みたいなセリフしかなさそう…。
逆に香織ちゃんはイージー。
あぁでも香織ちゃんも米良の世話で忙しそうだな…アカンわこの2人落とせないわ…攻略キャラじゃないのかもしれん…。

スポンサーサイト
category未分類

もう君がうまく見えないよ。

trackback0  comment0


米良がギャル語を使いこなしてたら可愛い。
「明日は6時起きだからな」
「りょ!」
みたいな。
香織ちゃん最初は困惑するけどもう徐々に慣れてスルー。
でも米良のせいで自然と覚えちゃって「俺おこだよ香織!」「そうか、なら俺は激おこだ」とかいつの間にか使うようになってても可愛い。

上の絵は初液タブ落書きです(・∀・)
線画はすごく描きやすい…!さすが液タブさん…!
でも別に綺麗な線画ではないのは私の不徳の致すところです。
時間は大幅に短縮できました!
ただですね、色塗りがですね、今までSAIで塗ってたんですがSAIはwindows8ではうまく動かないようで、ペンタブの座標軸がどうしても合わない問題が発生。
それ以外のツール類や動作は問題ないのですが、ポインタがズレるのは致命的欠陥なんで泣いてます(´;ω;`)
SAIのエアブラシでザザッと適当に塗った感じの柔らかさが好きだったのですが、イラスタに慣れるしかないのかな~と移行を検討中…。
でもコミスタですら新しい機能が増えまくっててサッパリわからんというのに、この上カラーまで…!(;∀;)
アンソロ発行を控えたこのタイミングで新たなツールを覚えなきゃいけないアナログ人間辛い…orz
あとやっぱり液タブはカラーの再現率はうんこですね。メインモニタで見ると全然違う。
結局メインモニタでちらちら確認しながら塗らなきゃいけないんだなぁ…。

以下拍手お返事ですー!

...Open more

category未分類

鼓動が刻んで紡ぐ四拍子。

trackback0  comment0


生物は15億回拍動すると死ぬそうですね。
1度心臓が「ドクン」となるのにかかる時間(心周期)がゾウだと3秒、ネズミだと0.1秒だそうで。
同じだけの生を全うしているのに、感じる時間が全く違うんだなぁと思うと不思議なような素敵なような。
香織ちゃんは米良のこの言葉を聞いた後少しムッとして「俺たちはどちらが先に心臓が止まるかなんて、わからないだろう」と反論すると思います。
殺伐期は米良は死にたがりだったと思うので、その時の名残か香織ちゃんは米良が死に自身を近付けるような言動をするたび、必死に生に連れ戻そうとしそうです。
「…うん、そうだね。出来れば、同じ時間、同じ場所、同じ気持ちで、同時に息が止まったらいいね」
「…あぁ」
「出来るだけ長く、香織と一緒に居たいなぁ」
「…なら頑張って、心臓止めないようにしろ」
「あはは、…うん、頑張るね」

これは別名ペンタブで下書きせず一発描きできるか漫画でした。
結論:修正しながらなら出来ないこともないけど汚い。
きっと液タブならもっと綺麗な線が描けるはずだ…そう、液タブならね。
明日新しいパソ子が届くのです…!\(^0^)/
液タブのためにパソコンを買う…何かが間違って…ない!何も間違ってないね!大丈夫だね!(自己暗示)
これはつまり言うなれば香織ちゃんをイかせたいが為にセッするようなものだよね(・∀・)
アンソロ原稿はフルデジタルで描くんだ…!
こないだの角弓本、最初の1ページだけ液晶が映らない液タブ(≒板タブ)でペン入れしてみたんですけどね、筆圧感知機能にトゥンクしました。
やだ凄い…凄い感じてくれる…///
デジタルでもアナログっぽい線が描きたいので、これは嬉しいですね…今使ってるFAVOちゃん「は?筆圧?何それ美味しいの?」って感じなんでね…。
とりあえず明日パソコンを設定してくれる電気屋の人が部屋に来るので、猥褻物は全部片付けました。
トルソーとかあるけどこれはどうしようもないな。
床に物を置いとかなければおkという認識。
あっ…マウスパッドがハンコックちゃんのおっぱいマウスパッド…これは…セウト…?
category未分類

儚い約束はいらないから。

trackback0  comment0
頑張ってネーム切ってたけど今日中に終わりそうにない!\(^0^)/
そして何ページで終わるのかもまだわからないんだ…怖い…っ。
なので今日は落書きなしですみません…。
昨日も今日もネームに頭抱えてたから落書きもしてないんだ…弱ぺダラジオ聴きながらいつの間にか手が勝手に描いてた巻ちゃんくらいしか…2期とても楽しみですね…フヘヘ…。

米良が時々「香織さん」て呼ぶの萌える。
1番パッと思い付くのは香織ちゃんの機嫌を損ねた時。
「香織さーん、反省してますー許してー?(;´∀`)」
もしくは焦ってる時。
「え?え?香織さん?ちょっと1回落ち着こう?」
あとは香織ちゃんをからかう時かな。
「香織さん、そんなに可愛い顔されると息子が我慢出来ないんですけど」
香織ちゃんはちゃん付けで呼ばれるのは子供扱いされてるようで怒ると思うけど(殺伐期は呼ばれてたと思う)さん付けは嫌いじゃなさそう。
可愛いって言われるのも最初は嫌がってたけど、最近は多分もう諦めた。
いつか米良に可愛いって言わせないくらい男らしい男になることを密かに夢見ていると思うけどそんな日はおそらく来ない(断言)。
でも仕事中の香織ちゃんはナチュラルに香織さんと呼びたくなるくらい男前だと思います。
米良も仕事中は毎回トゥンクしてるはず。

以下拍手お返事です!
反応が頂けるって嬉しいことだなぁと日々幸せを噛み締めております(´;ω;`)

...Open more

category未分類

2人の体温で温め合おう。

trackback0  comment0
今日の落書きも大人向けなので折りたたみますー。
エロ強化月間。
アンソロネームに向けてエロ熱を高めている…この週末でアンソロのネーム切って切って切りまくってやるわ…。
こないだ祖母の家遊びに行った時暇だと思って紙とシャーペン持って行ったのに2.5ページくらいしか出来なかった(L、ン、)_難しいよ~人体難しいよ~

真ストプラやっと狗堂出ましたね!
最終話でwwやっとww
でも何か3期フラグっぽい終わり方したので非常に楽しみです!
3期は今度こそ15分アニメ枠とれないかな!(^v^)
ミカベルがお手伝いするとギャグのテンポが良くなるのが如実にわかるなぁ。
個人的に米良のスーツがダブルボタンになってたのが良かった。
原作ではかなり意味深な扉絵の#58からダブルボタンになってるんですよね…私それわりと最近気付いた…。
あと米良のガタイが良かったのが良かった(語彙力ェ…)
スレンダーでも香織ちゃんとの体格差はもっとあって然るべき…!
私はハピエン厨でありエロ厨であり体格差厨です。

ここ数日朝夕がクッソ寒いので長袖のパジャマ引っ張り出してきたんですが、やはり1年近く箪笥にしまいっぱなしだとどうしても防虫剤の匂いがね…においがつかないム○ューダ買って来なきゃ…。
香織ちゃんも衣替えして冬用パジャマ出して着てみたら防虫剤の匂いに気付いて「やっぱり1度洗ってから着るか…」とかすごい気にしてるから米良が「香織そんなに匂いに敏感だったっけ?別に俺はそれほど気にならないけどなぁ」って言ったら、ちょっと口ごもって「お、お前が…抱き締めたときに臭いんじゃないかと思って…」と頬を染めながらごにょごにょ言うとかぐうかわだなって思いました。
妄想だけでこねくり回したいくらい可愛いのに、その様子を目の当たりにした米良が一体どういう行動をとるか、皆さんお察しの通りです。
うちの香織ちゃん米良のこと好きすぎるなって毎回反省した後、あぁでも原作の香織ちゃんも米良のこと大好きだったわっていう結論に至って落ち着く。

以下香織ちゃんがお口でご奉仕してる感じのやつ。

...Open more

category未分類

拍手お返事。

trackback0  comment0
うぅ眠い…眠くてブログを書く気力がないので拍手お返事だけさせて頂きます~。
長いことお待たせしてすみませんでした…!

...Open more

category未分類

ネットに繋がらない…。

trackback0  comment0
拍手お返事を書いてエントリーしようとした途端にネットから遮断されてしまったので、拍手お返事は明日またネットの機嫌がいいときに改めてさせて頂きます…!
category未分類

貴方の愛になりたいと思うよ。

trackback0  comment0
今日の落書きはちょっと背後注意なので追記の方に折りたたみますー。

突発的に2ページ漫画支部の方に載せました(・∀・)
ツイで呟いてたネタなんですが、香織ちゃんに1度も好きって言ってもらえない米良が事後に「さてどうしようかねぇ…」と思案してたら、香織ちゃんが寝言で不意打ちっていう。
そんで一気に体温上がって心臓バックバクな余裕のない米良。が描きたかっただけ漫画。
いつも香織ちゃんが経験豊富な米良に振り回されてばかりなので、たまにはこうやって形勢逆転してもいいよなぁと思います。
米良は香織ちゃんの不意打ちに弱い。香織ちゃんは無自覚なので余計性質が悪いっていう。
香織ちゃんが「好き」と言わない理由は、米良を縛り付けることになるのが嫌だからです。
気持ちさえ伝えなければ、言葉にしなければ、例え身体を何度重ねても何も生み出さない自分達の間には何もなかったことと同じだから。
いつか訪れる別離の時に、米良は罪悪感や後ろめたさや未練を感じることなく何もなかったように関係を終わらせることが出来るから、という言い分。
でもそれを聞いた米良は「香織は、何もなかったことに出来るの?俺が大切に紡いだ言葉も、気持ちを込めて何度も交わしたキスも、泣きたくなる程幸せだった夜も、全部全部、なかったことに出来るの?――俺は、出来ないよ…」と泣きながら訴える。
「なんで離れるって決めつけんの?俺を縛り付けてよ、繋ぎ留めてよ、ずっと傍に居させてよ…!」
「米良…っ」
「好きだよ香織…好きなんだ…どうしようもないくらい、好きなんだよ…」
涙を流しながら苦しそうに訴える米良に胸が苦しくなった香織ちゃんはとうとう我慢出来なくなって「好きだ…!俺だって好きだ、好きだ米良…!好きだ…!」と何度も想いを口にしてハピエンです。
ハピエン厨にハピエン以外の結末など有り得ないのです。
はぁ…イチャラブ米良香織可愛いよ…。

追記に肌色注意猥褻図画です。
tnk出てますので注意です。

...Open more

category未分類

月の光をたよりに。

trackback0  comment0


おんなじ月を見て どんなことを想ってるの?
銀色の光をたよりに 君に繋がれたら

やっつけFUUU!!\(^0^)/
でもいいんです時期ネタは今を逃すと来年を待たねばならないんでね…どれほどやっつけであろうと描いたという事実が大事。
2人でスーパームーンをお月見。
「香織知ってる?月にはうさぎがいるんだよ」
「迷信だろう?」
「夢がないなぁ」
「それにうさぎなら、俺の隣にも居る」
「うさぎは寂しいと死んじゃうんだよ?」
「…迷信だろ」
「本当だよ❤(ちゅっ」
みたいな書くのも恥ずかしいようなやりとりしてんでしょうね(’q’)
そんで「うさぎは万年発情期なんだよ」「め、迷信…」「いいえ事実です」的流れで有無を言わさずベッドルームへ。
米良にとっては花より団子ならぬ月より香織ちゃん。

あと今日は美の神のお誕生日なんですね!(・∀・)おめでとうございます!
今後も厳しくも温かい目で米良香織を見守って下さいお願いします。
多分極力関わりたくないから見て見ぬフリしてるんだろうけども。
巧美と米良のアダルト会話ネタも形にしたいんだけどなー描きたいものが溜まっていく一方だよー。
category未分類

少し自閉的な僕が、いつか要らなくなるまで。

trackback0  comment0


笑っちゃうくらい動きたくない
ここ以外 行くあてもないんだけど

「香織補給させてー(スリスリ」
「こら、くすぐったいって」
イチャラブの呪いにかかっている…イチャラブ米良香織下さい…シリアスも勿論美味しく頂くけどもだもだするようなイチャラブバカップル少女漫画米良香織下さい…(L、ン、)_
でも少女漫画になると香織ちゃんが乙女になりすぎちゃうんだよな(EX.「ユーアーマイン!」)。
違う…香織ちゃんは確かに可愛いしバスボムだし女子力高いし地上に舞い降りた天使だけど男前だから…!
あ、塗り残し発見してしまった…米良の右腕…(・∀・)

TLに解き放った「米良は自分の外見をどう思っているのか」を再考。
ストプラの世界観でもちょっと浮いてる厨二な外見は天然モノとは思えないので、個人的には元々は普通の見た目だったけど香織ちゃんと出会うちょっと前に何らかの要因であぁいう外見になってしまった説推し。人体実験とか。
綺麗だけどすごく人工的な感じがする。
米良はまるで別人のような容貌になってしまった自分を受け入れられなくて自暴自棄に。
香織ちゃんと暮らし始めてまだ2ヶ月目くらいの超殺伐期。
びっくりするほど合わない大人だけど社長の命令だし何とか歩み寄ろうと奮闘する香織ちゃんに、「俺は全部ニセモノで、ツクリモノなんだよ。本当の俺なんてもうとっくに失くしたの。だから俺を理解しようなんて無理だよ」と吐き捨てる米良。
でも負けない香織ちゃん。
「俺と出会う前の昔のアンタなんて、俺は知らない。俺にとっては今ここにいるアンタが本物だし、今ここにいるアンタを絶対理解してやる」
あまりにも青臭い台詞に失笑するものの、今の自分を肯定してくれたようで少し救われたような気にもなったり。
で、月日は流れてお互い相手を信頼し合えるようになって、恋仲になるまであと少しくらいの時。
「香織、昔俺が全部ニセモノだって言ったこと覚えてる?」
「あぁ、そういえばそんなこと言ってたな」
「呪われたような白い髪も、血みたいな紅い目も、蒼白い肌も、俺は未だに大嫌いだし全部ツクリモノだけど、それでも香織は俺を好きでいてくれる?」
少し考えて、ゆっくりと言葉を選びながら話す香織ちゃん。
「…俺は、俺と出会ってからのお前しか知らないから、お前の言う「本当のお前」というのがわからない。俺にとっては今のお前が本当のお前で、俺は今のお前を好きになった」
「香織…」
「それに、俺は綺麗だと思う。絹糸みたいな白い髪も、宝石みたいな紅い目も、陶器みたいな肌も、全部、全部綺麗だ。だからお前も少しずつでいいから、俺が好きになった今のお前を受け入れていってほしい」
香織ちゃんの言葉で、米良は自己肯定できるようになったとかだといい。
19歳にしてこの包容力たるや…。
「全部ニセモノだって言うなら、お前が俺に好きだって言ったこともニセモノなのか?」
「ううん、それだけは本当。俺からツクリモノの部分を全部取り去って、最後に1つだけ残るのが香織への気持ちだよ」
的なアレでめでたくバカップル期突入です。
今はもうほとんど気にならないし今の外見も受け入れてるけど、だからこそ米良ってあんまり自分の見た目を取り繕うことに興味がなさそうです。
傷は見た人が不快になるかもしれないから隠してるだけで、服も身体が隠れれば基本的に何でもいいみたいだし、多分O型で面倒くさがりっぽいから香水とかもつけないし、シャンプーも香織ちゃんが毎回真剣に選んできたものをこだわりなく使ってそう(嫁シャン)。
美形が自分の外見に無頓着なのがすごく萌えます。

そういえば今更ながら今月絵茶やります!\(^0^)/
多分ここご覧になって下さってる方は確実にもう見てると思うけど、9月27日21:00~です!
詳細は
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=45671628
こちらからどうぞ。
告知イラスト描くのが地味にめんどくさいとか「てめぇがやりたい癖に何甘えたことぬかしてんだクソが!」と思われそうなことを呟いたらカメスケさんが描いて下さいました!主催ェ…
このプライベート感漂うパジャマ姿と距離感(デフォルト)とちんちんですよ…!
可愛い…わかってるけど米良香織可愛い…(*´p`)
いつものように文字だけのご参加も大歓迎ですー。
前回を上回る参加人数を目指して…!

以下拍手お返事ですー。

...Open more

category未分類

拍手お返事。

trackback0  comment0
改めて、以下拍手お返事です。
一体自分は何をやっているんだ…?

...Open more

category未分類

永遠によく似た10分間。

trackback0  comment0
拍手のお返事をするためにブログ書かなきゃなー→でもその為には何か落書き描かなきゃなー→よし何か落書きストックからリサイクルしよう→あっ男性向け風に喘ぐ香織ちゃんがあったこれにしよう→あまりにも直接的だから折りたたまないとまずいな…→拍手お返事のスペースェ…
もう何のために落書きしたのか全く分からない。

米良も香織ちゃんも、2人で過ごしている今の時間が永遠に続くとは思ってなかったら…という妄想。
護衛という仕事柄いつ死ぬかわからない、っていう理由ももちろんあるんですが2人の関係にいつか終止符が打たれる日が来るんじゃないかっていうこともぼんやり覚悟していそうで。
米良は香織ちゃんがもっと大人になって頼もしい好青年になったらお見合いの話とか来るだろうし、女の子も放っておかないだろうし、そうなったら香織にとって重荷にしかならない自分は身を引くべきだって思ってる。
香織ちゃんにとって女の子と結婚して家庭を持つっていう世間一般的に当たり前のことが1番幸せな未来に決まってるから。
家族愛に憧れる様子の香織ちゃんを見る度にそういう少しずつその覚悟を固めていってそうです。
香織ちゃんは香織ちゃんで、自分は米良よりも8つも年下の子供で、今はどういうわけか米良も自分に懐いて傍に居ることを選んでくれているけど、圧倒的に経験値の足りない自分は米良に釣り合うはずはない、だからいつか米良が自分の元を去る日が来るのだろうと思ってる。
だからお互いに自分は相手を繋ぎとめておく資格がない、相手が離れていっても繋ぎとめておく方法がないと考えてそうです。
「ずっと一緒に居ようね」「これからも傍に居てね」みたいな言葉を交わす度に、2人ともどこか虚しさを感じてたり。
でもいざそういう時が来たら、覚悟はしていても絶対にすんなりとはいかないだろうなと思います。
米良は香織ちゃんがお見合いして帰ってきて香織ちゃんが「素敵なお嬢さんだった」とか口にしたら居ても立ってもいられなくて、寝室に連れ込んで半ば強姦。
事後、混乱と疲労で息も絶え絶えな香織ちゃんを掻き抱いて「嫌だ、行かないでよ香織…!お願いだから、俺を独りにしないで…!愛してる、愛してるんだ…香織…っ!」とか必死に訴えたり。
香織ちゃんは「素敵なお嬢さんだったから、自分には勿体ない、ふさわしくない」の意味で口にした言葉だったんですけどね。
で、香織ちゃんは米良が自分の知らない女性と密会している場面を目撃してしまって物凄く不安になって、その日は米良の好物ばかり作って夜は自分から誘って積極的に求める。
とりあえず米良を繋ぎとめておくために自分に出来ることを全てやってみる。
で、米良に抱かれながらうわごとのように名前を繰り返し呼んで、普段滅多に言わない「好き」という言葉も泣きながら何度も紡ぐ。
でも米良が会ってた女性はFtoMで性自認は男で彼女もいて変な土産物集めの趣味が同じで気が合うから時々一緒に飲みに行ってただけとかいうオチ。
そんな感じで2人とも自分がどれほど本気で相手を想っているかっていうことを相手に伝えてハピエンになればいいです。
所詮ハピエン厨なんで…米良香織は2人で寄り添い合って生きていくのが1番幸せなんで…!

というわけで追記に邪魔にしかならなかった落書きです…。

...Open more

New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。